今日は午前中、ヘアサロンに行ってきました!

そこで、炭酸スパをしてもらったんですが、「頭、凝っていますね~」と言われました。

 

そして、肩もマッサージしてもらったのですが、

「肩も凝ってますね。疲れていませんか?」と言われちゃいました。

 

私は全然疲れていないのですが、この言葉、よく言われるんですよね。

 

特に肩は、バイオリンの講師をしていると普通のことなんです。

もっというと、バイオリンを弾く人って、肩が凝るのが当然なのです(笑)

左右違う動きをするので・・・

 

だから、マッサージに行くと、いつも肩がガチガチに凝っているのでビックリされます(汗)

 

私は凝っているという実感はないんですけどね。。

 

 

==================

自分では当たり前と思っているのに、

人から見ると、当たり前ではない

==================

 

ということって、実はよくあるんですよね。

 

教室の先生が当たり前と思っていることってありますよね?

しかし、教室の先生でない人から見ると、当たり前ではないということはあります。

 

例えば・・・

【レッスンの振替・補講】など。

 

コレ、個別レッスンの先生であれば、されている先生は多いと思います。

 

しかし、違う業界の人からすると、

 

「なぜ、補講なんかするの?」

「そんなのボランティアじゃないの?」

 

とか平気で言われます(汗)

この言葉、私が言われた、本当にあった話です。

 

先生の多くは、生徒さん、一人ひとりの成長が楽しみでやりがいを持ってされていると

思います。

 

なので、多少、自分が犠牲になっても

「やってあげたい!」という気持ちが勝ってしまうんですよね。

 

そのお気持ち、痛いほどわかります!!

 

しかし、経営面から見るとその少しの積み重ねが、先生の経営をダメにしていく場合があります。

 

あなたが生徒さんに対して当たり前と思っていること、

実は、経営面からみるとダメなパターンはありませんか?

 

これは、自分ではなかなか気付くことができません。。

 

なので、直接私とお話ししてみませんか?

 

滑り込み参加もOK!

東京で、9/9(金)14:00からの枠が空いております!

各3名限定!グループコンサルティングのご案内【東京】

 

 

 

私が実際に教室運営して構築したノウハウを詳しく知りたい人は、 ぜひご登録くださいませ! ↓ ↓ ↓ 312167595060 (1)