あなたはチラシを配られたことはありますか?

また、チラシを配った時の反応率はどのくらいでしたか?

今回は、よくある質問の「チラシは何枚配れば効果的なのか?」について

説明したいと思います。

 

あなたは何枚チラシを配りましたか?

 

まず、「チラシを配っても効果ない」という先生がいらっしゃいますが、

何枚配ったかを尋ねると、「100~300枚」と平然としておっしゃられます。

正直、300枚程度だと、反応がないのは当たり前です(笑)

自分の足でポスティングされる先生は、

「こんなにも配ったのに反応が全然ない…」と落ち込む気持ちも分かります。

私もチラシのポスティングは、ずっと自分の足で配っていましたから。

しかし、私の経験上、何枚配れば反応があるという数字が、ある程度分かりました。

f536e509930a1883e0190e54e5ce56f6_m

 

では何枚配れば良いの?

 

あなたはチラシを何枚配れば良いのか知りたくないですか?

最初にお伝えしておきますが、あなたの教室のジャンルにもよります。

「英会話教室」や「ピアノ教室」、「ダンス教室」など

比較的メジャーなお稽古ごとの教室だと、もっと反応は高いと思います。

 

私の場合は、音楽教室でもニッチなジャンルの「バイオリン教室」でしたので、

他のジャンルの教室と比べると反応率は低いと思います。

大体、3,000枚で1件の問い合わせという数字でした。

なので、10,000枚配布しなければ、反応はないと割り切って、ポスティングをしておりました。

 

チラシの反応は意外なところにも!

 

10,000枚と聞くと、驚かれる先生も多いと思います。

しかし、チラシの反応率というものは、とても低いのです。

残念ながら、これが現実です…

しかし、チラシをコツコツ配ると必ず何かしらの反応も見られます。

9869260ce6920c13c2fc78ef2adee9d0_m

 

例えば、あなたは特に興味のない教室のチラシを見たとします。

しかし、何度もそのチラシを見ると、

「このチラシ前にも入っていたな~」と思うようになります。

何度も何度も見ているちに、だんだんと興味を持つようになり、

最終的には問い合わせしていたり、

そのジャンルの興味あるご友人に紹介していたり…

ということが起こります。

 

ですので、チラシはあなたの教室のブランディングになります!

 

チラシのポスティングで大切なこと

 

最近は、チラシは反応率が低いので、インターネット集客でされる先生も増えてきております。

私は、オンライン集客(ホームページなど)とオフライン集客(チラシなど)を

うまく組み合わせることが、より効果的だと感じます。

3b9e17b3458554e64de21a79005422fd_m

まだまだ、チラシも効果があり、チラシがきっかけで、

友人から紹介してもらったという方もいらっしゃいます。

また、ホームページなどでは囲い込めなかった属性の方も、

チラシで取りこぼすことなく集客できます。

 

ですので、チラシの反応率は低いと決めるのではなく、

継続的にコツコツポスティングもすることが大切です。

 

チラシは何枚配れば効果的なの?【まとめ】

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、私の事例を踏まえ、お伝えしました。

単にチラシの反応率は低いと思うのではなく、

継続的にポスティングすることが大切といえます。

 

チラシをポスティングすることで、

先生の教室のブランディングになったり、

ご友人やご家族から紹介していただけたり、

インターネットで囲い込めなかった属性の方を集客できたり、

というメリットもあります。

 

ですので、短期的な視点で物事を見るのではなく、

長期的な目線で、取り組んでみましょう!

私が実際に教室運営して構築したノウハウを詳しく知りたい人は、 ぜひご登録くださいませ! ↓ ↓ ↓ 312167595060 (1)