今回は、得する資格と損する資格についてお話ししたいと思います。

 

こちらの記事をお読みのあなたは、何らかの資格をお持ちでしょうか?

例えば、

「〇〇講師資格、〇〇スペシャリスト、〇〇協会認定」など。

 

先生が資格を持つことで、生徒さんから信頼を得るため、安心感を与えることができます!

また、先生ご自身の知識を得る機会にもなりますから、一石二鳥ですね。

しかし、損する資格というものが存在することはご存知でしたか?

また、あなたの所持している資格によって、生徒さんにマイナスを与えていませんか?

 

気になる先生は以下をお読みくださいませ。

 

得する資格とは?

 

得する資格というのは、生徒さんから見て、安心感を与えたり、

信頼性、権威性を与えることができます。

 

生徒さんによっては、先生の資格、権威性を見られている方もいらっしゃいますので、

このように資格を持つことで安心されます。

04441ec7aa258602ba6ba5a15ba9cdec_m

 

損する資格とは?

 

では、反対に損する資格とは一体何でしょうか?

ここまでお読みのあなたは、損する資格ってあるの?

と思われるかもしれませんが。。

実はあるのです。

 

それは・・・

 

748fc898a13fd94a4ccb3ca3ae4fc223_m

 

専門性以外の資格を取得されている場合です。

このような先生って、実は結構いらっしゃるのです。

 

わかりやすくいいますと、パン教室を開講されている先生がいらっしゃるとします。

すると、その先生は色々な分野に興味持たれ、

エステやアロマテラピーなどの資格を次々と取得されます。

そして、プロフィール欄に、パン教室の先生にも関わらず、

アロマテラピー〇級など、専門分野と関係ない資格を書かれます。

コレです。

 

今の例でお伝えすると、専門分野がパンになりますよね。

酵母についての資格?(すみません、あるかわからないですが…)など、

パンに関連性のある資格であれば問題はありません。

しかし、アロマテラピーなど、パンとかけ離れていますよね。。

 

全体的に見ると、パン→健康志向→癒し分野

になりますが、少し無理があります。

 

このような先生は、「これも、あれも資格を持っています!」

とアピールされるのですが、これが反対にマイナスになることを知らないのです。

 

だって、生徒さんの立場に立ってみてください。

「この先生、何の専門家か分からない…」となるわけなのです。

もしどうしても2つの分野で活動されたいとのことでしたら、

まずは一つの分野で極め、その分野が安定して落ち着いてから新たに始めるのが良いでしょう!

その場合もちろん、ホームページなどは、全く新しく作成する必要があります。

なぜなら、生徒対象も違ってきますから。

 

あなたの場合、資格で損していませんか?

 

さて、いかがでしたか?

たくさんの資格を持たれている先生は、

たくさんある方が良いと勘違いされている先生も多いです。

しかし、それは時にしてマイナスになってしまうことがあります。

 

生徒さんから見てあなたは、

「何の専門家なのか?」

について今ひとつ考えてみてください。

47b26610a51167be03ad45d22f2373bf_m

現在私は、バイオリン講師として活動しておりますが、

実は、違う分野の資格も持っております。

あっ、気になる方は個人的に聞いてくださいね!

 

しかし、プロフィールには一切書いておりません。

むしろ、書いてしまうとお客様が混乱されるから。

何の専門家?となってしまいます。

ですので、あえて伏せております。

 

資格を取得することは否定しておりませんが、

プロフィールに記載するべきか、しないべきかは別となりますので注意が必要です。

 

先生における、得する資格と損する資格とは?【まとめ】

 

私がお見かけする先生の中には、資格取得に一生懸命励まれている先生もいらっしゃいます。

しかし、これだけは頭に入れておいてください。

 

資格を取得しても、教室の生徒集客ができるとは別物です。

 

勘違いされている先生が多いのでお伝えすると、

資格を取得したからといって、教室開講がスムーズにできるとは限りません。

ですので、こちらを頭に入れつつ、

本当にお客様にとってプラスの資格なのか?について今ひとつ考えてみてくださいね!

 

私が実際に教室運営して構築したノウハウを詳しく知りたい人は、 ぜひご登録くださいませ! ↓ ↓ ↓ 312167595060 (1)