教室ブログを書いている先生から、

「この文章で伝わるのかな?」

「どのような文章を書けば、伝わるのかな?」

というお悩みをよくいただきます。

 

あなたは、そのようなことないですか?

 

今回は、教室ブログを書く時の文章術についてお伝えいたします。

人に文章で伝えるということは難しいと思われがちです。

 

私も、ブログを書き始めた頃は、そのように思っておりました。

ここだけの話、文章を書くのはとても苦手でして…

小学校や中学校の時の読書感想文も、いつも後回しにするほど、嫌いでした><

 

しかし、そのような私でも【あること】を意識すると、

スラスラと書けるようになったんです!!!

 

今回は、動画解説でお伝えいたしますね!

 

教室ブログの文章術とは?【動画解説】

 

わかりやすく、動画でお伝えしております!

どうぞご覧下さいませ♪ (4分37秒)

 

いくら素晴らしい文章でも見られていない!?

 

素晴らしい文章を書いたとしても、残念ながら、ほとんどの人に見られていない

という事実があります。

実際、あなたもブログを読んでいる時、流し読みする時ってありませんか?

そうなんです!

いくら、あなたがどんなに頭をひねって書いた文章でも、

しっかりと隅から隅までは読まれていないのです…(涙)

 

では、どうする??

もっと教室ブログを読んでもらいたいですよね?

その解決方法は・・・

 

 

 

 

 

e934ad078b8b700a062e349113b697bb_m

 

会話する!!

 

これになります。

 

では、具体的に見ていきましょう!

 

この2つで読まれる文章に早変わり!

 

まず、1つ目が、話し言葉で文章を書くことです。

c3cddb2d67186dbbd05c1eaf11a8eff9_m

 

堅苦しい文章だと、文章を読む気にならないのです。

なので、話し言葉で書いてあげると、相手に伝わりやすくなります。

 

 

次に2つ目は、相手に質問を投げかけるということです。

d42d33aabc714bd1312dc3cf45de61dc_m

 

 

質問を投げかけると、文章でも相手は反射的に答える習性があります。

「~ですか?」と言われると、

心の中で、「そう!そう!」とつぶやいているのです。

 

コレ、文章ですが、会話しているのです!

 

この会話こそが重要なのです。

 

最初は心の中でつぶやいてたお客様(相手)も、徐々にブログにコメントするようになったり、

あなたのファンになってくれます。

そして、「もっとこの教室ブログ読んでみたい!」と思っていただき、

「先生に教わりたい!」に変わってくるのです。

 

教室ブログを書く時の文章術とは?【まとめ】

 

いかがでしたか?

文章で書くと、身構えてしまいがちですが、今回お伝えした2つの事柄に気を付けると、

お客様(相手)に伝わりやすくなります。

もし、ブログの文章にお困りの先生は、今回のことをお試しくださいね♪

私が実際に教室運営して構築したノウハウを詳しく知りたい人は、 ぜひご登録くださいませ! ↓ ↓ ↓ 312167595060 (1)