安定した教室運営をしていくには、生徒集客が必要になります。

しかし、それだけではありません。

あなたは集客の他に、何が必要かご存知ですか?

今回は、安定した教室運営をする上で必要不可欠なものについて説明していきます。

 

集客の他に必要なものとは?

 

安定した教室運営をする上で、生徒集客は必須といえます。

しかし、それだけではありません。

もう一つの大切な能力とは、セールスいわゆる、コミュニケーション能力です。

14405f04ba67ff0aea02910b3b5cfffb_m

 

セールスと聞くと、営業や売り込みというイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか?

しかし、このセールスが重要となってきます。

せっかくお問い合わせで体験レッスンに来ていただけることになっても、

先生のアプローチ(セールス)が弱いと、教室のご入会には繋がりません。

ですので、集客と同様、先生のセールス、コミュニケーション能力が必要になってきます。

 

ではどのようにしたら高められるの?

 

セールスには様々な方法があります。

これは先生独自の良さがありますので、一概にどのようなセールスが良いかは言えません。

経験を重ねて、色々な方法で試して頂きたいです。

しかし、セールスが苦手な先生もいらっしゃると思います。

 

私自身、あまりガツガツとセールスされると、一歩引いてしまいます(笑)

 

例えば、洋服屋さんに行って、少し見ているだけなのに、

その服の良さをガンガンとセールスされたらあなたはどのように感じますか?

「すぐにでもこの店から出たい」、「どのように断り文句を言おうか」など考えませんか?

少し興味を持っているだけなのに、ガツガツとセールスされるのは

あまり良い印象を持ちませんよね?

c4aaf15f044218c31ec874a91b556ec9_m

しかし、洋服を購入する気満々で洋服を見ていると、店員さんから話しかけられても、

「違うサイズはないの?」や「このような服を探しているけれど、他にはないの?」

など、積極的に話すと思います。

 

何が言いたいかというと、要は、その人の温度を感じ取ることです。

温度が低い人には、体験を通じてなぜその人にはこの教室が良いのかを伝えます。

また、温度が高い人には、興味を既に持って頂いているので、あとは一押しするだけです。

なので、その人の温度差を理解して、セールスする必要があります。

 

相手のことを聞く姿勢で

 

セールスというと、先生のことや教室のことをアピールすると勘違いされている人も多いです。

しかし、それは間違っています。

大切なのは、相手のことを引き出すコミュニケーションです。

a0081a566373f93d7f1b29f314162659_m

 

いきなりセールスされると、お客様は逃げます。

しかし、お客様の悩みを引き出し、聞く姿勢をすると、次第に信頼関係が生まれます。

その上で、なぜこの教室が必要なのか、

この教室を通うことで、どのようなメリットが必要なのかを

しっかりと伝えることが大切です。

これは、一人ひとりに合ったセールストークになります。

よって、コミュニケーション能力が重要になります。

 

集客の他に大切なこと【まとめ】

 

今回お伝えしたセールスは、コミュニケーション能力が特に必要

感じられたかと思います。

まずは、お客様に現状を確認した上で、お客様の温度を把握しましょう!

そして、色々なセールス方法を試してみましょう。

また、普段からコミュニケーション能力を高める努力をしてみましょう。

私が実際に教室運営して構築したノウハウを詳しく知りたい人は、 ぜひご登録くださいませ! ↓ ↓ ↓ 312167595060 (1)