人がサービスや商品を購入する時に、「どのようなことを考えて行動するか」

という流れのモデルを「消費者行動モデル」と言います。

この「消費者行動モデル」には様々ありますが、今回は「AISAS」についてご紹介します。

 

この「AISAS」って何て読むの??

と思われた先生のためにお伝えしますね。

 

読み方は・・・

 

「アイサス」

 

と読みます。

 

では、一体どのような意味??ということで、知らない先生が多いかと思います。

今回は、消費者行動モデルを未来の生徒になる人の行動モデルに置き換えて、

分かりやすくお伝えします。

 

「AISAS」の意味とは?

9cbc1d55271467aaed49185b37aa57f5_m

では最初に、「AISAS」の意味についてご紹介しますね。

こちらは5つの英単語の頭文字をとって名付けられました。

以下が頭文字の意味です。

 

  • Attention(注意、注意喚起、認知)
  • Interest(興味、関心)
  • Search(検索)
  • Action(行動)
  • Share(情報共有)

 

こちらの頭文字を取って、「AISAS」と名付けられました。

では、実際に入会されるまでの流れを見てみよう!

6eebca2eca65bace61682fdf775b7b69_m

あなたの教室に来られる生徒さんはどのような生徒さんでしょうか?

今現在、教室をされている先生は、現在の生徒さんを思い浮かべてみましょう!

ここで分かりやすく、私が最近通い出した「ヨガ教室」を例に挙げて説明してみますね。

Attention(注意、注意喚起、認知)

まず、私がヨガを知ったきっかけは、以前友人に誘われてヨガ講座を受講したことから始まります。

こちらの講座は単発講座でしたが、普段身体を動かすことが少なかった私は、ヨガって良いな!と思ったのがきっかけです。

その後ランチ会に行き、来られていた人とお話して楽しく過ごせました。

その方達と、Facebookで今でも繋がっています。

私がヨガというものが楽しいと認知した時期になります。(Attention)

Interest(興味、関心)

では、なぜ今回ヨガを習おうと思ったのか??

それは、体質改善をしたかったからという理由が大きかったです。

忙しくなると1ヶ月に一度は、身体が重く感じることがありました。

そんな時、私のバイオリン教室の最寄りの駅でチラシを配っていました。

そのチラシを受け取ると、「3ヶ月で理想の身体になれる!発汗で美肌!」と書かれていました。

(同じ文言ではありませんが、大体このような感じです)

しかも、分かりやすいイラストも書かれていて、私はついそのチラシに目が留まりました。

こちらのチラシをきっかけに興味を持ちました。(Interest)

Search(検索)

興味を持ったら気になり、早速スマートフォンでその教室のホームページを検索しました。

その教室のホームページはもちろん、「ヨガ教室 〇〇市」というキーワードでも検索しました。

検索をすると、何教室か表示されましたので、一つずつそれぞれの教室のホームページを見ていきました。

これが検索するという行為です。(Search)

Action(行動)

ホームページをいくつか見た後、

レッスン内容や通いやすさ、教室の立地、レッスン料、レッスンのシステムなどを考慮して、

1つ良いなと思う教室がありました。

その教室のホームページを見ると、

体験レッスンお申し込みのページがあったので、すぐ申込みました。

これが、行動に当てはまります。(Action)

Share(情報共有)

体験レッスンに行き、その後自分に合う教室だと感じたので、即日入会しました。

何度かレッスンに通うと楽しくなり、

プライベートのFacebookに「ヨガ行ってきました~」の投稿をすると、

友だちから「どうなの?」「通ってどんな感じ?」など聞かれることに。

「身体が軽くなって良いよ!」とやり取りしているうちに、

その友だちが「一度行ってみたい!」となりました。

ちょうどその教室は、紹介キャンペーンをしていたというのもあり、その友だちに紹介しました。

私と同じく、友だちも体験してよかった!とのことで、即日入会に。

このように、口コミが広がります。

これが、情報共有という行動です。(Share)

あなたはAISASの流れをうまく誘導できていますか?

baaaed643072f76a4c0412d468d12298_m

今回は分かりやすく、「ヨガ教室」を例にお伝えしました。

この流れ、とても良くできています。

私も自然に入会しましたから!

 

では、ここで。

あなたの教室は「AISAS」の行動に自然と生徒さんを導いていますか?

 

私が得意としているPPC広告を使って集客する方法は、

Attention(注意、注意喚起、認知)

Interest(興味、関心)

は飛ばしています。

この行動は、生徒さん自身の問題というのにお任せしております。

 

Search(検索)

Action(行動)

をしっかりと構築すると、自然とShare(情報共有)してもらえるという流れになります。

 

5つの行動心理を2つだけ利用するのです。

あとの3つも利用するに越したことはありませんが、先生業って忙しいですよね!?

極力、無駄な時間、労力、費用は掛けたくないのも事実です。

 

ですので、行動心理を理解して、実際に何に重点を置いたら良いのか、

優先順位を考えて行動していくのも大切ということを覚えておいてくださいね!

あなたはAISASに沿って行動している?【まとめ】

さて、いかがでしたか?

あなたは、AISASに沿って行動されていましたか?

もしコレが足りてなかった…という先生は、

生徒さんの行動心理を知っておくと自然な流れでご入会していただけますよ!

やみくもに生徒集客しても集客できませんからね。

あなたのお役に立てれば幸いです。

 

 

私が実際に教室運営して構築したノウハウを詳しく知りたい人は、 ぜひご登録くださいませ! ↓ ↓ ↓ 312167595060 (1)