レッスン料金を決めるにあたって、悩まれる先生は多いかと思います。

実際、私も教室開講前は相当悩みました。

今回は、レッスン料金について説明していきます。

 

あなたのレッスン料金安すぎない?

 

あなたのレッスン料金はどのように決められましたか?

d42d33aabc714bd1312dc3cf45de61dc_m

大半の先生は、相場を調べられ、その上でレッスン料金を決められると思います。

その方法は間違ってはいません。

しかし、相場を調べられると、大体相場のレッスン料金より低い値段で

設定される先生が多いです。

 

近隣の教室をインターネットなどで調べられると、

「A教室は月謝が8,000円か~

A教室は、ベテランの先生が教えている、

じゃあ、私は6,000円くらいにしようかな~」という風に。

 

相場を調べることはとても良いことです。

しかし、相場だけでなく、大切なのはレッスンの内容・アフター面・施設など

全体的な視点を持って、調査してください。

 

例えば、A教室はベテランの先生だけれど、自宅で教えているとします。

すると、施設代は無料ですよね?

しかし、あなたは自宅で開講しないので、施設代がかかるとします。

すると、赤字になることすらあるのです。

このように、レッスン料金を相場だけ見て、判断しないでください。

 

実績がない先生が他教室と差別化する方法

 

よく、「私は実績や経験がないので、お金を頂くなんてとんでもない」という話を

聞くことがあります。

確かに、教室開講前などは、「私の教室に本当に来てくれるのだろうか?」と

心配になる気持ちはわかります。

すると、他の教室と差別化するとなると、料金を低く設定するという選択肢を

とられる先生もいらっしゃいます。

しかし、この料金設定は慎重に行なってください。

fb34a8d478e70f8e4bb34035b5b2d535_m

 

まず料金設定を一度すると、頻繁に改定することができません。

既に生徒さんがいらっしゃると、レッスン料金を頻繁に改定される先生は嫌ですよね?

ですので、ある程度慎重にしてください。

 

価格を下げるという選択肢の他にないかを考えましょう!

例えば、サポート面をしっかりとするなどです。

教室というと大体は、レッスン中に先生に教えてもらって、

その後は自宅で練習などするというパターンが多いですよね?

しかし、実績のない先生は、サポート面をしっかりするということで、

他の教室を差別化することができます。

これは、実績や経験は関係ありません。

ですので、レッスン料金を決める時は、マイナスの意識ではなく、

どのようにしてプラスにするのかを考えて設定しましょう!

 

レッスン料金の決め方【まとめ】

 

レッスン料金の相場だけにとらわれずに、自身の強みを引き出し、

他の教室と差別化させましょう。

その上で、レッスン料金を慎重に考えるべし!

e3239975fe55527e6f51d096282e26bb_m

私が実際に教室運営して構築したノウハウを詳しく知りたい人は、 ぜひご登録くださいませ! ↓ ↓ ↓ 312167595060 (1)