最近、教室運営されている先生から、

「ネット広告に興味あります!」

とおっしゃっていただく先生が増えました!

 

私が毎回、「時間短縮には、ネット広告を使うべき!」とお伝えしておりますが、

ネット広告の良さを理解していただけているのかなと

感じております。

 

今回は、ネット広告を利用する上で、

これだけは知っておくべきネット広告の構造について

お伝えしていきますね!

 

教室の先生がネット広告を始める時に知っておく順番

 

まず、ネット広告とはPPC広告とも言われます。

私がお伝えするPPC広告は、

Yahoo!やGoogleの検索エンジンから広告を出すという方法です。

もし、「ネット広告って何?」「PPC広告って何?」という方は、

こちらの記事をお読みくださいませ。

「女性の先生必見!少額でも始められる集客法を知っていますか?」

 

では、ネット広告を知っているという先生は、

続きをお読みください。

 

例えば、あなたがヨガ教室を探されているとします。

すると、インターネットで何と検索されますか?

 

kennsaku

 

おそらく、「ヨガ教室 〇〇市」とか、

「〇〇市 ヨガ教室」

「ヨガ教室 習いたい」

「ヨガ教室 〇〇(駅名)」

・・・

 

などで検索されるのではないでしょうか?

 

そう!これが、ネット広告でいわれる、

キーワード

と言われるものです。

 

 

では、それらのキーワードを検索窓に検索されると・・・

 

検索結果の上に広告が出てきます。

 

「〇〇市でヨガ教室を探されているなら!

楽しく汗を流して楽しみませんか?」

 

という広告欄に広告が書かれていたら、

気になりますよね??(笑)

 

そう!これが、

広告文

といわれるものです。

 

ネット広告では、お客様が検索される順番で考えていきます。

その順番は以下になります。

 

まず、キーワードを入力される

その後、広告文を見られる

その広告文を見られ、興味のある人は、

その広告文をクリックされる

広告文をクリックされると、

教室のホームページが表示される

 

以上の流れで、先生の教室があることを

知ってもらえるのです!

 

ネット広告の構造はコレ!

 

では、ネット広告を作成する時は、

お客様と同じ順番で広告を作る必要があります。

 

キーワード ⇒ 広告文 ⇒ ホームページ

 

※ただし、最後のホームページは

一番最初に作成しておかなくてはいけません。

ネット広告にも出せませんので、

ホームページ作成は最初にしておきましょうね!

 

では、最初にキーワードを考えます。

 

「お客様はどのようなキーワードで先生の教室にたどり着くか?」を考えます。

地域が限られている教室であれば、地域名を入れたり、

対象の人(大人、子供)を入れたり、

色々なキーワードが出てくるかと思います!

 

これは、自分がお客さまならどのようなキーワードで検索されるのかを

ノートに書き出してみましょう!

 

キーワードが決まったら、次は広告文です。

広告文は、キーワードごとに作成するのが良いです。

 

例えば、キーワードが

「渋谷区 ヨガ教室」とします。

 

AとB、どちらの広告文が興味を持たれるでしょうか?

 

A:「ヨガ教室に習うなら!

楽しくヨガを始めてみませんか?」

 

B:「渋谷区のヨガ教室をお探しのあなた

ヨガで気分をリフレッシュしてみませんか?」

 

さて、どちらですか??

 

 

もう、わかりましたよね!?

15b779dd15b1c7710f668a8a24541822_m

 

 

B:「渋谷区のヨガ教室をお探しのあなた

ヨガで気分をリフレッシュしてみませんか?」

ですよね??

 

 

だって、検索された人は、

渋谷区のヨガ教室を探されているのですから、

広告文に「渋谷区」と書かれていた方が

興味そそられますよね!

 

 

ネット広告で大切なこととは?

 

さて、ここまで少し難しい話になりましたが、

ネット広告で何が大切かといいますと・・・

 

キーワードと広告文とホームページの3つは

常に連動されているということが重要です!

 

一つでも、連動されていなければ

せっかくネット広告を出されても、

先生のホームページにたどり着かないのです。。

 

1.キーワードが的を得ていないと・・・

検索されない

 

2.広告文がキーワードに連動されていないと・・・

広告をクリックしてもらえない

 

3.しっかりとした設計のホームページではないと・・・

広告をクリックされてホームページに訪問されても

すぐにホームページの画面を閉じられてしまう

(クリックだけされて、お問い合わせがない状態)

 

になります。

 

特に3のしっかりとした設計のホームページでないと

クリックだけされるわけですから、赤字になってしまいます…

 

このように、キーワード・広告文・ホームページの3つが

連動していないといけないということが

ご理解頂けたかと思います。

 

生徒集客で使うネット広告!知っておくべきネット広告の構造とは?【まとめ】

 

いかがでしたか?

 

ネット広告の構造と聞くと、何だか難しそうと思われていたかと思いますが、

キーワード・広告文・ホームページの3つを押さえておけば大丈夫ということです。

 

こちらの3つを押さえて、あなたもネット広告を始めてみましょう!

 

私が実際に教室運営して構築したノウハウを詳しく知りたい人は、 ぜひご登録くださいませ! ↓ ↓ ↓ 312167595060 (1)