本日、コーヒーショップへ行き、仕事をしておりました。

すると、コーヒーの隣にチラシが置いてありました。

私はそのチラシを、この時はあまり見ておらず。。

しかし、よく見ると、「次回無料クーポン券」だったのです!

お得なお知らせを、あやうく捨ててしまうところでした…(泣)

今回は、チラシはあなたが思うほど見られていないということについて解説していきます。

 

チラシに目立つように書かれてあっても気付かれていない!?

 

あなたはチラシを作成する時、大切なこと、見てもらいたいことは、

目立つように書きますよね?

例えば、「無料体験実施中!!」など。

 

しかし悲しいことに、あなたが思っている以上に、そのチラシは見られていないのです。

おどろき

 

実際に、本日私がコーヒーショップで見たチラシも、よく見ると、「お試し無料券」と

大きく書かれておりました。

しかし、私はなぜ気付かなかったのでしょうか?

 

おそらく、まさかお得なクーポン券がもらえるなんて思っていなかったからです。

また、いつもの新商品のお知らせだと思い込んでいました。

「またかー」みたいな(笑)

 

しかし、実際はお得なお知らせだったんですよね。

もし、コーヒーを受け取る時に店員さんが、

次回使えるお試し無料券をお配りしておりますので、ご持参ください」と

一言あったとしたら、すぐにわかったかと思います。

ただ、コーヒーと一緒に置いているだけのお試し券と、一言添えたお試し券と比べると、

価値が違ってしまいます。

 

あなたも普段、目にしているチラシは、そんなにも目に止めていないと思います。

もしかしたら、私のようにお得なお知らせを逃している可能性もあるかもしれませんよ。

 

どのようにしたら目に止めてもらえる?

 

対面でチラシを配布するなら、一言添えることができます。

むしろ、一言添えて渡さないと気付かれません!

しかし、ポスティングの場合はそのようなことはできませんよね?

その場合、どのようにすれは良いのでしょうか?

 

基本は、小学生でもわかるように書くことです。

497107

 

チラシを見られるのは大人です。

しかし、小学生でもわかるように書かないと見てもらえません。

「簡潔に、わかりやすく」が基本です。

 

また、目立つチラシにさせることは考えるといくらでもできます。

 

例えば、ピザ屋さんのチラシありますよね?

あのピザ屋さんのチラシは、メニューが裏面に書かれていて、

表面に新商品のメニューやオススメメニューが書かれてあります。

そして、それとは別に、クーポン券がホッチキスで止められていることもあります。

あなたもそのようなピザ屋さんのチラシを受け取ったこと、あるのではないでしょうか?

4a7b3468e1f69b8186997a9ff1418412_m

 

プラスαのチラシを見ると、人は興味を持ちます。

「なんだろうコレ?」

「お得なお知らせなの?」と。

 

その心理をピザ屋さんのチラシはうまく利用しています。

これは、飲食店に限った話ではありません。

もちろん、教室のチラシにも有効です。

 

実際に私は、イベントを企画した時があり、その期間中、普段配布しているチラシに加え、

クーポン券を付け、学校前で配布したことがあります。

すると、子供達やお母様方に興味を持って受け取って頂きました。

中には興味あるお母様は、私に話しかけてくれることもありました。

やはり、プラスαのチラシは興味を持っていただきやすいとこの時、感じました。

 

実はチラシはほとんどの人に見られていない!?【まとめ】

 

興味を持って頂くには、文字で目立たせる他には、プラスαチラシを作成することが

効果があります。

プラスαは、例でご紹介したように、クーポン券にすることもできますし、

または体験レッスンに来て頂いたお客様限定特典を付けるということも効果的です。

チラシ配布の目的は、興味を持って頂くことが前提です!

その興味を持って頂くきっかけは何でも良いです!

 

お客様に、「私、興味あるかも?」「ちょっと体験レッスンに行ってみようかな」と

思っていただければ、そのチラシは良いチラシといえます!

ポイント

 

ぜひあなたも、惹きつけるチラシを考えてみましょう!

特にイベントをされる時には有効ですよ!

 

ぜひ、お試しくださいませ♪

私が実際に教室運営して構築したノウハウを詳しく知りたい人は、 ぜひご登録くださいませ! ↓ ↓ ↓ 312167595060 (1)