あなたはお金の使い方について3種類存在することをご存知でしょうか?

そしてその3種類についてしっかりと理解して使われていますか?

今回は、教室の先生のためのお金の使い方についてお伝えしていきます。

 

3種類のお金の使い方とは?

8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_m

ではまず3種類のお金の使い方について順番に説明していきます。

3種類とは・・・

消費

浪費

投資

です。

 

私は以前、本を読んでこちらの3種類の違いを知りました。

では今から順番に説明していきます。

【消費】言葉の意味

消費とは、人間の欲望を満たすために物財を費やす行為を指します。

分かりやすく言いかえると、人が生活していく上で必要なことです。

例えば、普通に生活していると、住居費、光熱費などかかりますよね?

こちらの生活していく上で必要なことを消費といいます。

【浪費】言葉の意味

浪費とは、みなさんご存知の通り、お金を無駄に使う行為です。

無駄遣いと使われるように、自分の欲望のままにお金を使うことを言います。

例えば、使うことのない物を買ったり、ギャンブルでお金を使うことです。

【投資】言葉の意味

投資とは、将来を見込んで金銭や力をつぎ込むことです。

こちらは目に見えないことが多いのが特徴です。

例えば、勉強のために書籍を買ったり、講座や勉強会に参加したり、コンサルを受講することです。

お金は使ってこそ生きる!?

1fd79078c800505ccdf6b7992f6ec4d8_m

私の友人で毎月欠かさず、貯金している人がいます。

毎月積み立てで貯めているようで、結構良い金額を貯めているようです。

私は「そのお金、何に使うために貯めているの?」と聞くとその友人はこう言いました。

「特に決まっていないけれど貯めないと不安だから」

と言うのです。

 

貯金をすること自体、とても良いことだと思います。

ですが、私はお金を使ってこそ循環すると思っております。

社会的に見ても、お金を使わないと経済が発展しません。

それと同じく、個人でもお金を使ってこそ生きていくのです。

お金は使わないとただの紙切れです。

 

生きるお金を将来のために使ってきたので、今があります。

小さい時に多くの習い事をして、その中から自分の得意分野を見つけました。

そのお稽古にかかった料金は多大な金額です。

こちらも投資といえます。(親に感謝です)

 

教育する立場のあなたはお分かりの通り、教育は将来の投資ですよね?

お子様が習い事をすることで、将来その道のプロになるかもしれません。

保護者様はお子様に対して、投資をされます。

 

教室運営でも同じことがいえます。

私は特にPPC広告を使うことをオススメしておりますが、こちらの手法は先行投資です。

広告費を先に支払います。

ですが、その後で生徒さんにご入会頂け、広告費があっという間に回収できます。

この投資をされている先生が少ないので、いつまで経っても苦しんでいるという場合が多いです。

 

時間を効率よく使いたいのなら、生きたお金を使いましょう♪

教室の先生のための3種類のお金の使い方【まとめ】

教室運営にお困りの先生は、お金に対するブロックがかかっている先生がいらっしゃいます。

「何でも無料でやりたい」という先生は、労力と時間を覚悟してください。

少しでも早く、効率よく教室を循環させたいという先生は、先行投資を忘れないでくださいね!

 

 

私が実際に教室運営して構築したノウハウを詳しく知りたい人は、 ぜひご登録くださいませ! ↓ ↓ ↓ 312167595060 (1)